介護老人施設の選び方

大切な家族のために、しっかり選びましょう

TOPページ > ケアハウスとは

ケアハウスとは

最近話題のケアハウスとは、60才以上の介護を必要としない方を対象とした、食事・入浴付きの老人マンションです。

極普通のマンションの一階に管理人室があり、そこに介護士が何名か詰めている、そんな感じの老人マンションを呼ぶ総称です。普通の老人施設との違いは、食事もお風呂も施設のプログラムに合わせて生活するスタイルではなく、起床から就寝までそれぞれが自由に暮らせるという事です。

「独居なので何かあった時が心配」という方が安心して暮らせる様に作られた「施設」がケアハウスなのです。

一人で入所する方もいますし、夫婦揃って入所するケースも近年では多く見られます。生活スタイルが「施設」では無いので外出も外泊も基本的に自由です。ただし部屋を空ける時は、「管理人」である介護士に一言伝えてから出掛けます。

その点だけ気を付ければ本当に自由なスタイルを続ける事が出来る近代型の老人ホームと言えます。
今は、介護を受ける必要の無いお年寄りの孤独死が増えているので自由に暮らせて最悪の時は介護士が側にいるケアハウスが大人気なのです。

介護施設の種類をもっと詳しく・・・

・デイサービスについてb
・介護福祉センターについてb
・有料老人ホームについて(サービスと特徴)b

選び方についてはこちら

・料金で選ぶb

介護老人施設についてはこちら

・介護老人施設とはb